農家の皆さん

税務署へ質問をしても、的を射た回答が得られなかった事がありませんか?
農業はとかく他の事業と違い専門用語や各種補助金等が数多く存在し、会計処理をどのように行えばよいのかお悩みになった事はありませんか?
当井上税理士事務所は、税務職員時代の農業担当の経験を基に、いろいろな質問にお答えしていきます。
税務会計・農業経営等お気軽にご相談下さい。
農家さんの事例はこちら

開業医の皆さん

毎日の診療・レセプト請求事務お疲れ様です。
せめて会計事務につきましては、会計事務を専門に行う税理士へ依頼してみてはいかがでしょうか?
当井上税理士事務所では、税務職員時代の調査担当の経験を基に的確な指導を行いたいと考えております。
また、相続・相続税対策等につきましても親切丁寧に指導・相談を行います。
まずは、お気軽にご相談下さい。
開業医さんの事例はこちら

個人事業主の皆さん

毎日のお仕事ご苦労様です。
ご存知だと思いますが、個人事業者の確定申告は青色申告と白色申告の二通りの申告方法があります。
青色と白色の違いは、青色申告の方は領収書・請求書・納品書(これを原始記録と 言います。)及び日々の記帳に基づき決算書を作成し申告を行います。
白色の方は、原始記録より収支内訳書を作成し申告を行います。
記帳の有無が大きな相違点となります。

しかし、白色申告といえども所得金額が300万円超となった場合記帳義務が発生してきます。
同じ記帳をしなければならないのなら節税対策を考え青色申告を行う事をお勧めいたします。
記帳はどうも苦手とお考えなら専門家の税理士にお任せください。
税理士は、単に記帳代行を行うだけでなく、経営分析や節税対策、相続税対策等も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
当事務所では、税務職員時代のノウハウを基に節税・調査対策等をも行っております。
電話・メール等でお気軽にご相談下さい。

個人事業主さんの事例はこちら

相続対策をお考えの皆さん

税金というのは一般の方には理解しにくいものです。そこで、各種届出業務から中間決算、四半期決算、法人税申告書等の作成、税務戦略立案、資金シミュレーション、個人のファイナンシャル・プランニング、中長期的なタックスプランニング導入の検討まで幅広くサポートします。
お問い合わせはこちらまで